京都大は27日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った小さな軟骨組織を、膝関節の軟骨を損傷した患者に移植して治療する臨床研究の実施計画の承認を求め、厚生労働省に申請したと発表した。

 法律に基づき学内に設置された「特定認定再生医療等委員会」で計画の安全性などを審査。10月の承認を経て、11月7日に厚労省に提出した。今後、厚労省の専門部会で審議され認められれば実施する。病気やけがで変性、損傷した軟骨の治療に役立つと期待される。

 京大の妻木範行教授(細胞誘導制御学)らのチームの計画では、iPS細胞を培養して軟骨組織を作製し、患部に移植する。