野党4党の国対委員長は27日、国会内で会談し、菅義偉官房長官が首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたと認めたことを受け、菅氏の進退を含めて責任を徹底追及する方針で一致した。立憲民主党の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「認めた以上、菅氏は大きな責任を負った。進退に関わる問題だ」と述べた。

 菅氏は自ら招待者選定の責任者だと述べている。菅氏は27日の参院本会議で、反社会的勢力の出席に関し「招待されたかどうかも含め、個人情報であるため、従来から回答を差し控えている」と述べるにとどめた。

 安住氏は、警察庁の担当者を呼び事実関係をただす考えを示した。