文化庁は27日、人気漫画などを無断で公開する海賊版サイト対策として、違法ダウンロード規制の在り方を話し合う有識者検討会の初会合を開いた。漫画を含む著作物全般に規制の網を掛ける当初案について、作品の一部だけをダウンロードするような軽微な行為は対象外とするなど、規制範囲を絞り込む新たな案を示し、おおむね了承を得た。

 「規制対象が広すぎる」といった批判に一定の配慮を示した。

 新たな提案は、数十ページで構成する漫画の1コマなど軽微な違法ダウンロードは規制対象外と明記。スマホなどでのスクリーンショット(画面保存)で違法画像が写り込んだ場合も、違法とならないとした。