【ワシントン共同】イラン各地の反政府デモについて反体制派組織「国民抵抗評議会」(NCRI)は26日、米首都ワシントンで記者会見し、治安部隊の武力行使などによる死者が少なくとも450人に上ったと発表した。負傷者は4千人以上、逮捕者は1万人以上と主張。イラン当局が実態を隠していると非難し、国際的な調査団を派遣すべきだと呼び掛けた。

 NCRIは現地に展開する支援者らの情報を集計し、死者のうち154人の身元が確認されたと説明。「超法規的な暴力」に関与したイラン当局者87人を特定し、米政府とも情報共有する方針という。