大阪市の小学6年女児誘拐事件で、栃木県小山市の自称派遣社員伊藤仁士容疑者(35)が、自宅で女児(12)にパソコンを触らせて動画を閲覧させていたとみられることが27日、捜査関係者への取材で分かった。女児は「パソコンで(動画サイトの)ユーチューブを見て過ごしていた」と話しているという。

 大阪府警は、女児のスマホを取り上げて家族や友人との通信を遮断しながら、女児が逃げないようつなぎ留めようとして動画を見せていた可能性があるとみて調べる。

 捜査関係者によると、伊藤容疑者は「ツイッターで女児の相談に乗っていた」と説明。「いつでも帰っていい」とも言っていたという。