岩手県競馬組合は26日、盛岡競馬場の厩舎で管理する馬2頭から新たに禁止薬物のボルデノン(筋肉増強剤)を検出したと発表した。禁止薬物検出馬は昨年以降、計8頭になった。組合は、早ければ30日に再開予定だった岩手競馬のレース開催を、当面取りやめることを決めた。

 組合によると、2頭は4歳牝馬セブンスウェルと、9歳牡馬コミュニティで、それぞれ別の棟で管理されている。いずれも17日に検出が明らかになった3歳牝馬ノアクリスティンと同じ桜田浩樹厩舎所属で、17日の検出を受け実施した全頭検査で発覚した。