衆院は26日、地震を想定した防災ヘルメットの着用訓練を本会議場で実施した。大島理森議長や与野党議員が一斉に座席の下から折り畳み式のヘルメットを取り出し、組み立て方を確認した。

 衆院事務局によると、訓練は2017年以来、2回目。本会議終了後に行われた。普段使い慣れていないためか、装着方法が分からず戸惑う議員の姿も見られた。

 大島氏は壇上から「災害はいつ起きるか分からない。本会議には緊張感をもって臨んでほしい」と呼び掛けた。