大阪維新の会の徳村聡大阪府議から暴言や暴行を受けたとして、知人の男性医師が400万円の慰謝料を求めた訴訟で、大阪地裁(内藤裕之裁判長)は26日、徳村府議に40万円の支払いを命じた。

 判決によると、2人は高校の同級生で、2017年1月、男性が経営するクリニックの移転を巡って電話で口論となった。その後、大阪市内のホテルで開かれた新年会で来賓として呼ばれた徳村府議が男性について「温厚そうに見えますがだまされてはいけません」と発言した他、男性の右肩付近を殴ってけがを負わせた。

 徳村府議は17年に傷害容疑で書類送検されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となった。