長野県松本市で2017年3月、県消防防災ヘリコプターが墜落し消防隊員ら9人が死亡した事故で、県警は26日、業務上過失致死と航空危険行為処罰法違反の疑いで、死亡した岩田正滋機長=松本市、当時(56)=を書類送検した。

 書類送検容疑は17年3月5日、訓練目的でのフライト中、十分な高度を保たずに飛行を続けた結果、松本市の山中に機体を墜落させ、同乗の隊員と整備士計8人を死亡させた疑い。

 運輸安全委員会は18年10月、山肌に接近しても回避動作が行われなかったとの報告書を公表、機長が生活リズムの乱れなどで、ごく短時間の居眠りをした可能性があると指摘した。