衛藤晟一消費者行政担当相は26日の衆院消費者問題特別委員会で、首相主催の「桜を見る会」を巡り、マルチ商法を展開して破綻した「ジャパンライフ」の元会長が2015年に招待を受けて宣伝に悪用したとの野党議員の指摘に「どこからどうやって紛れ込んだのか不思議でしょうがない。非常に残念で遺憾だ」と答えた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で「権力が私物化された上に、被害を受けた方がいる問題にまで拡大した。事実関係と責任を明らかにしたい」と強調した。

 元会長に関しては25日の国会審議で共産党の田村智子氏が取り上げた。特別委員会では立民の山本和嘉子氏が質問した。