日本ハムは26日、新外国人選手として今季まで米大リーグ、タイガースでプレーしたドリュー・バーヘイゲン投手(29)=198センチ、104キロ、右投げ右打ち=を獲得したと発表した。

 バーヘイゲンは米テキサス州出身で最速158キロの速球が持ち味。2014年に大リーグに初昇格し、今季は22試合に登板して4勝3敗、防御率5・90だった。球団を通じて「大勢のファイターズファンの前でマウンドに立つ光景を、今から思い描いています」とコメントした。

 チームは今季5位に低迷し、巻き返しを図っている。栗山監督は「投手陣を引っ張っていく可能性が極めて高い大型右腕」と期待した。