【香港共同】中国のインターネット通販最大手アリババグループは26日、香港証券取引所に株式を上場し、取引を始めた。初値は187香港ドル(約2600円)で、公開価格の176香港ドルを上回った。新株は5億株発行し、調達額は1兆円を超える。

 ダウ・ジョーンズ通信によると、ニューヨーク証券取引所に5月に上場した米配車大手ウーバー・テクノロジーズの調達額を超えて今年最大の新規株式公開(IPO)となった。通年でも12月の上場が見込まれるサウジアラビア国営石油サウジアラムコに次ぐ規模となる見通し。

 香港市場のIPOとしても今年最大規模。