JR西日本の50代男性車掌が業務中、同僚の客室乗務員の30代女性を山陽新幹線のグリーン車に無賃乗車で新大阪―岡山間を往復させたとして、同社がこの2人を処分していたことが26日分かった。車掌は「女性と話をしたかった」と話しており、JR西は「不正を働き不信の念を与えたことをおわびする」と謝罪した。

 JR西によると、男性車掌は10月21日、午後4時2分新大阪発の下り「ひかり473号」のグリーン車に、入場券でホームに入っていた女性を運賃なしで乗せた。一緒に岡山駅で下車後、帰りは同6時23分岡山発の上り「ひかり482号」のグリーン車で新大阪駅まで乗せたとしている。