政府、与党は25日、葉巻たばこの一部に対し、たばこ税を引き上げる方向で検討に入った。巻き紙の原料にタバコの葉を使った「リトルシガー」と呼ばれる商品が対象になる。紙巻きたばこと似た構造を持つにもかかわらず、相対的に税負担が軽くなっており、公平性を確保する必要があると判断した。

 与党の税制調査会で議論し、12月に策定する2020年度の与党税制改正大綱に盛り込むことを目指す。たばこを巡っては、紙巻きたばこや火を使わない加熱式たばこも段階的に増税されており、愛煙家の負担が一段と重くなりそうだ。