日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は25日、東京・両国国技館で定例会合を開き、大相撲九州場所で43度目の優勝を果たした横綱白鵬を評価する一方で、肘付近をぶつけるようなかち上げや張り手に苦言を呈し、協会に指導を要望した。

 白鵬の同様の取り口には、2年前にも粗暴との批判が横審からあった。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「見苦しい。そういうことをしなくても勝ってほしいという気持ち。後世に名を残す横綱になってほしいという一つの願望がある」と述べた。都倉俊一委員(作曲家)は「変なことを言われないように堂々とした横綱でいてほしい」と話した。