来日中のローマ教皇(法王)フランシスコは25日、首相官邸で演説し、世界中の経済格差の拡大や、日本を含む少子高齢化の進行に警鐘を鳴らした。「各国、各民族の文明は経済力ではなく、困窮する人にどれだけ心を砕いているか、そして出生率の高さと命を育む能力があるかによって測られる」と述べた。地球環境問題に触れ「私たちは若者から、地球を搾取するための所有物ではなく、次の世代に手渡すべき貴重な遺産として見るよう求められている」と訴えた。

 貧困や環境、少子化といった地球規模の課題に国家や世代を超えた取り組みを求めた内容。会場には安倍晋三首相ら三権の長などが集まった。