スポーツ振興くじ(サッカーくじ)を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が、コンピューターによる無作為の予想結果を購入する「ビッグ」で、最高当せん金額を7億2円、キャリーオーバー時は12億円の新商品を発売することになった。スポーツ庁の諮問機関、スポーツ審議会が25日、JSCの事業計画の変更を了承した。

 新商品の名称は「メガビッグ」で、1口300円から購入できる。J1など計12試合が対象で、各試合の両チームの合計ゴール数を4択とする。年度内にも発売し、売り上げ増加を狙う。