ヤクルトからドラフト1位指名された石川・星稜高の奥川恭伸投手(18)=184センチ、82キロ、右投げ右打ち=が25日、金沢市内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1600万円で合意した。「1軍で安定して2桁勝利を挙げられるような投手になりたい」と抱負を語った。

 背番号は球団では荒木大輔、由規ら有望投手が背負った「11」に決まった。「評価していただいてうれしいが、責任がある。頑張っていかないといけない」と話した。

 完成度が高い本格派で今夏の甲子園大会では準優勝。球界を代表する投手になる可能性を秘めている。(金額は推定)