政府が12月にまとめる経済対策で検討している防災・減災施策の概要が25日、判明した。台風19号などで大きな被害を受けた施設の復旧と強化を同時に進める「改良復旧」を促進。河川の水位上昇を防ぐ工事への個別補助制度の創設や、市街地地下での雨水貯留施設の緊急整備、豪雨に対応したダム的機能を持つ調節池の整備前倒しも進める。

 今年発生した台風15号や19号などの自然災害では、想定を上回る被害が発生した。政府は今回明らかになった緊急性の高い施策を経済対策に盛り込み、2019年度補正予算を中心に集中的に実行する。