日本自動車連盟(JAF)は25日、台風19号と10月25日の大雨で被災した車について、救援作業を実施した件数が福島、栃木、千葉、長野の4県で1225件に上ったと発表した。「件数の多い県のみを集計した」としており、宮城県などの数字は公表していない。

 内訳は、福島県が10月15~31日の17日間で384件。ほかの3県はいずれも10月15日~11月2日の19日間で、栃木361件、千葉265件、長野215件だった。ほとんどが走行不能な状態で自宅や整備工場にけん引したという。