中日の大島洋平外野手が25日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、7千万円増の年俸2億5千万円で新たに3年契約を結んだ。これまでの3年契約の最終年だった今季は全143試合に出場し、174安打で最多安打のタイトルを獲得。「10年目の節目で自分としても勝負できたかなと思う」と満足げに話した。

 保有する海外フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留を決め、この11月で34歳になったベテランは「40歳くらいまではレギュラーでばりばりやりたい。(来季)200安打は目標」と意気込んだ。(金額は推定)