神奈川県藤沢市は25日、今年のノーベル化学賞受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)に、功績をたたえて名誉市民の称号を贈ると発表した。12月議会で同意を得た上で来年1月30日に顕彰式を行う予定。市によると、吉野さんは大阪府吹田市出身だが、神奈川県内にある同社研究所に勤めたことなどから、藤沢市に約40年間住んでいる。

 鈴木恒夫市長は25日の定例記者会見で「人格的にも立派な方。科学教育を真剣に考えておられ、市としても子供たちに科学講座をやっていただけたらうれしい」と話した。

 受賞決定後に吉野氏宅を訪れて祝福した際に意向を伝え、快諾を得ていたという。