日本陸連は25日、東京五輪以降に活躍が期待される「ダイヤモンドアスリート」として認定した8選手を発表し、全国高校総体で男子100m、200mを制した鵜沢飛羽(宮城・築館高)、男子走り幅跳びで高校新記録を樹立した藤原孝輝(京都・洛南高)が加わった。今年の日本選手権男子800m覇者クレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)ら6人は継続。

 藤原は東京都内で行われた認定式で「来季、新たにいい記録を残さないといけないという責任感を持って、冬季練習に臨んでいく」と話した。

 女子20キロ競歩で世界選手権7位の藤井菜々子(エディオン)ら5人の修了式も行った。