【ニューヨーク共同】北米プロアイスホッケーNHL第8週は24日に終了し、東カンファレンス大西洋地区は3連勝のブルーインズが勝ち点35でトップを守った。大都市圏地区でキャピタルズは同37で首位を堅持した。

 西カンファレンスは太平洋地区のオイラーズが勝ち点35で、昨季王者で中地区のブルースが同33でともに首位をキープした。