国土交通省は25日、東京都新宿区の都営地下鉄大江戸線新宿西口駅で、危険物を検知できる「ボディースキャナー」の実証実験を実施した。2020年東京五輪・パラリンピックに向けた鉄道のテロ対策強化の一環で、実験は同様のスキャナーを使った今年3月の東京メトロ霞ケ関駅に次ぐ第2弾。28日までの日程で、ラッシュを含め時間帯やスキャナーの配置を変えて検証する。

 国交省は12月には東京駅新幹線改札で爆発物探知犬による実証実験を予定。同省鉄道局の野本英伸危機管理室長は「結果を踏まえ、鉄道事業者と具体的な対策を協議したい」と述べた。