【北京、ソウル共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、金正恩朝鮮労働党委員長が韓国に近い島の部隊を視察、海岸に設置している火砲を試射させたと報じた。日時は不明。韓国国防省報道官は25日の記者会見で、砲撃訓練は軍事的緊張緩和に向けた南北合意に違反していると批判した。

 朝鮮中央通信によると、金氏は黄海側の西部戦線に位置する南西部の昌麟島防御隊を訪問した際、自ら目標を指示して火砲を試射させた。