近く任期満了となるNHK経営委員長と会長の選考を巡り、公共放送の在り方を考える各地の市民団体は25日、透明性のある方法で「NHKの自主自律を貫ける人物」を選ぶよう、経営委に要望書を提出した。

 要望書は「NHKとメディアを語ろう・福島」など計15団体の連名。保険の不正販売を報じた番組に関し、日本郵政グループから抗議された経営委が昨年、会長を厳重注意した問題を踏まえ、次期経営委員長には「外部からの圧力を排除し自主自律を貫くための防波堤になれる人物」がふさわしいと指摘。会長には「ジャーナリズム精神に富み、視聴者からの意見に真摯に耳を傾ける人物」の選任を求めた。