安倍晋三首相は25日、中国の王毅国務委員兼外相と官邸で会談した。来春に予定する習近平国家主席の国賓来日の成功に向けて協議。デモ隊と警官隊などの衝突で混乱が続く香港情勢が話題に上る可能性もある。引き続き、王毅氏と茂木敏充外相が議長を務める日中の人的・文化的交流に関するハイレベル対話(人文対話)の初会合も開催。

 習氏の国賓来日を控え、日中間には懸案もある。これまで、首相は中国要人との会談で、東京電力福島第1原発事故に伴う日本産食品の輸入規制や、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入などで前向きな対応を繰り返し要請してきたが、課題として残ったままだ。