愛知県警春日井署警備課長の警視が、名古屋市で22、23日に開かれた20カ国・地域(G20)外相会合に関する警備の関係書類を紛失していたことが25日、県警関係者への取材で分かった。期間中にトラブルはなかったが、県警は処分を検討する。

 関係者によると、書類は10月29日午後、名古屋市中区の県警本部で開かれた担当者の会議で配布され、警備態勢などが記載されていた。課長は出席後に私的な飲み会に参加し、帰宅途中の地下鉄車内で書類を入れたかばんごとなくした。書類は見つかっていない。

 県警は県外の警察からの応援部隊約2千人を含む約8500人態勢で臨んだ。