【ニューヨーク共同】前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏(77)が来年の米大統領選で民主党の候補指名を目指し出馬表明したことを受け、同氏が創設した総合情報通信社ブルームバーグは24日、報道部門の従業員向けに大統領選の指針を発表、同氏や他の民主党候補の身辺などを深掘りする調査報道は行わない方針を示した。米メディアが伝えた。

 同社の編集責任者は、ブルームバーグ氏の身辺報道に関与しないという長年の編集方針を維持した上で、公平を期すため他の民主党候補も同様に扱うとした。ただトランプ政権の調査報道は継続するといい、報道の独立性や公平性を巡り論議を呼ぶ可能性がある。