J1浦和が大槻毅監督(46)に来季の続投を要請したことが24日、関係者の話で分かった。昨季途中に暫定的に監督を務め、今季はオリベイラ監督解任後の5月に就任。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は決勝トーナメント1回戦から指揮し、準優勝した。

 J1で13位と低迷するが、クラブ幹部は「ACL決勝と残留争いの両方を経験できる監督はいない。我慢して成長させることも大事」と話した。

 強化体制は一新し、中村修三ゼネラルマネジャー(60)は退任して昨季までGKコーチを務めた土田尚史氏(52)を強化本部長に据える。