【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱問題が最大の争点となる12月の英総選挙に向け、ジョンソン首相率いる与党保守党は24日、マニフェスト(政権公約)を発表した。延期が繰り返されている離脱を来年1月末までに実現するため、年内に離脱関連法案の下院審議に入ると約束、高い支持をさらに伸ばして勝利を目指す。

 ジョンソン氏は英中部で演説し「カオス(混沌)を終わらせて離脱を成し遂げ、国の潜在力を解き放つ」と強調。過半数獲得を目標とする保守党に対し、約10年ぶりの政権奪還を狙う労働党や、EU残留を主張する野党が挑む構図だ。