【モナコ共同】国際テニス連盟(ITF)は24日、来年3月6、7日に開催する男子の国別対抗戦、デビス杯(デ杯)予選の組み合わせ抽選結果を発表し、日本はホーム(開催地未定)でエクアドルと対戦することが決まった。勝てば11月の本戦に進む。

 デ杯は1週間で集中開催する新方式を採用して24日に閉幕した。日本は1次リーグ敗退を喫し、予選に回った。

 4強入りしてシード権を確保したスペイン、カナダ、英国、ロシアと、ワイルドカード(主催者推薦)を得たフランスとセルビアの計6カ国は本戦から登場する。