大阪市で行方不明となり、栃木県小山市で保護された小学6年の女児(12)が、自称派遣社員伊藤仁士容疑者(35)=未成年者誘拐容疑で逮捕=の自宅で「1日1食くらいで、風呂も2日に1回くらいだった」と話していることが24日、大阪府警への取材で分かった。「スマートフォンは使うな」と伊藤容疑者に言われて取り上げられたことも判明。府警は25日に未成年者誘拐容疑に加え、監禁の疑いでも送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、女児は伊藤容疑者の小山市の自宅に行った後、鉄砲の弾のようなものを見せられて「怖くなった」と栃木県警に話した。