大相撲九州場所千秋楽の24日、三賞選考委員会が開かれ、新三役で11勝4敗の好成績を収め、初の年間最多勝にも輝いた西小結朝乃山が初の技能賞を獲得した。右四つ左上手での攻めが評価された。先場所の殊勲賞に続く三賞で、合計6度目。

 優勝した横綱白鵬を2日目に破った東前頭筆頭の大栄翔が初の三賞となる殊勲賞に選ばれた。

 西前頭10枚目の正代は、千秋楽に朝乃山に勝つという条件をクリアし、11勝4敗で3度目の敢闘賞を手にした。