弁慶の出身地とされる和歌山県田辺市で開かれた第13回田辺・弁慶映画祭で24日、最高賞の「弁慶グランプリ」に芳賀俊、鈴木祥両監督の「おろかもの」が選ばれ、賞金30万円が贈られた。

 コンペティション部門は劇場公開作品が3作品以内の若手監督を対象にしており、計163作品の応募があった。

 おろかものは、兄の浮気現場を目撃した女子高校生が、浮気相手と一緒に兄の結婚式を壊そうとするストーリー。芳賀監督は「私たちの作品を見た人たちに愛していただき、本当にありがたい」と話した。