フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯の男子で今季のGP2連勝を成し遂げた羽生結弦(ANA)が一夜明けた24日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで取材に応じ「大きな自信を得られたなという感触はある。ファイナル(12月5~7日・トリノ)に向けてのいい一歩になったんじゃないかな」と3年ぶりの覇権を目指す大一番を見据えた。

 ファイナルは2連覇中のネーサン・チェン(米国)との一騎打ちを想定。コンディションの調整を最大の課題に挙げ「記録に残してなんぼ。やっぱり勝ちたい。勝つことに意味がある」と闘争心をたぎらせた。