第39回ジャパンカップ(24日・東京11R2400メートル芝15頭、G1)3番人気のスワーヴリチャード(オイシン・マーフィー騎乗)が2分25秒9で勝ち、G1で2勝目を挙げるとともに、1着賞金3億円を獲得した。マーフィー騎手、庄野靖志調教師はこのレース初勝利。

 スワーヴリチャードは6、7番手の好位を追走。最後の直線で最内を突いて末脚を延ばした。

 払戻金は単勝510円、枠連(1)―(3)で2050円、馬連は(1)―(5)で2900円、馬単は(5)―(1)で4810円、3連複は(1)―(2)―(5)で2900円、3連単は(5)―(1)―(2)で1万9850円。