ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを果たした日本代表の主力ロックで38歳のトンプソン(近鉄)が24日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で行われたトップチャレンジリーグの豊田自動織機戦に先発出場した。

 今季限りでの現役引退を表明しており、所属チームの本拠地での最終戦。下部リーグでは異例の1万5596人が集まった。持ち味の体を張ったプレーで、近鉄の33―22の勝利に貢献し、後半22分に退くと大きな拍手を送られた。大観衆に「びっくり。本当に感動する。最後の花園の試合はさみしい」と感慨深げに話した。