自民党の甘利明税制調査会長は24日のフジテレビ番組で、皇位継承を巡り、母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めるべきだとの考え方を示した。皇位継承順位に関し「男系を中心に順位を付け、最終的選択としては女系も容認すべきだ」と語った。自民党幹部の容認発言は異例で、政府が検討する安定的な皇位継承策に影響を与える可能性がある。

 父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。安倍晋三首相は「古来、男系継承が例外なく行われたことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」との方針を表明。自民党内では男系を維持すべきだとして女系天皇には否定的な意見が多い。