プロ野球で球団初の3年連続日本一を達成したソフトバンクの祝賀パレードが24日、福岡市内で行われ、オープンカーに乗った選手や監督らが、約2・3キロのコースに集まったファンの声援に応えて喜びを分かち合った。

 午前11時すぎ、王貞治球団会長や工藤公康監督、柳田悠岐選手会長を乗せた車を先頭にスタート。あいにくの雨の中でも沿道をいっぱいに埋めた観客に、笑顔で手を振った。

 孫と一緒に3年続けてパレード見物に訪れたという福岡県新宮町の大賀晶子さん(69)は「毎年楽しみがあってファンとして幸せ。おかげで元気」と満面の笑みだった。