ローマ・カトリック教会の頂点に立つ教皇(法王)フランシスコは24日、被爆地の長崎を訪れて演説し「核兵器のない世界を実現することは可能であり必要不可欠なことだと確信している」と述べ、世界各国の指導者に対応を迫った。核兵器を含む大量破壊兵器の保有も非難。武器の製造や改良は「とてつもないテロ行為だ」と指弾した。

 教皇として故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり史上2度目の被爆地訪問となった。

 24日午前、原爆落下中心地碑のある爆心地公園に到着した教皇は、長崎について「ここは核攻撃が人道上も環境上も破滅的な結末をもたらすことの証人である町だ」と指摘した。