サッカーの南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝は23日、ペルーのリマで行われ、フラメンゴ(ブラジル)が2―1でリバープレート(アルゼンチン)に逆転勝ちし、38年ぶり2度目の優勝を果たした。12月にカタールで開催されるクラブワールドカップ(W杯)に南米代表として出場する。

 0―1の後半終了間際にFWガブリエルバルボサが2得点し、ジーコらを擁した1981年以来の頂点に立った。リバープレートは2連覇を逃した。昨年までホームアンドアウェー方式で行われていた決勝は、今大会から中立地での一発勝負となった。(共同)