36人が犠牲になった京都アニメーション放火殺人事件で、同社は23日、現場となった京都市伏見区の第1スタジオの解体工事に向けた作業を、25日以降に始めると明らかにした。

 同社の代理人弁護士によると、23日に工事について近隣住民への説明会を実施した。

 八田英明社長は10月の記者会見でスタジオを取り壊す方針を示し、跡地の利用方法を関係者と協議するとしていた。