【カイロ共同】ペンス米副大統領は23日、イラク中西部アンバル州のアサド空軍基地と北部クルド人自治区アルビルを事前公表なしに訪問した。AP通信が伝えた。アルビルでは自治政府トップのバルザニ議長と会談した。両者の協力などを話し合ったとみられる。

 トランプ政権は10月、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討で協力してきたクルド人勢力を見捨てる形でシリア北部からの米軍撤収を決めた。米国はIS対策を継続する方針で、ペンス氏のアルビル訪問により対ISでのクルド人との共闘姿勢を示そうとした可能性がある。