フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯最終日は23日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子は前日のショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーで3種類の4回転ジャンプを計4度降りて1位となり、合計305・05点で今季GP2連勝を飾った。ファイナルを含む通算12勝目を挙げ、シリーズ上位6人によるファイナル(12月5~7日・トリノ)に進出した。

 山本草太(中京大)は合計226・27点で6位、島田高志郎(木下グループ)は合計213・65点で9位だった。