ラグビーの関東大学リーグ対抗戦は23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、早大が慶大を17―10で退けて6戦全勝とし、2季連続の優勝へ前進した。慶大は2勝4敗。

 早大は10―10の後半10分にSO岸岡がトライを挙げ、粘り強い守りで逃げ切った。定期戦、対抗戦での両校の通算対戦成績は早大の69勝20敗7分けとなった。

 対抗戦は勝敗数で争うため、24日の明大―帝京大で、5戦全勝の明大が敗れた場合、早大は12月1日の最終戦を待たずに優勝が決まる。