サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝は24日に浦和―アルヒラル(サウジアラビア)の第2戦が埼玉スタジアムで行われる。2大会ぶり3度目の優勝を狙う浦和は23日、さいたま市内で多くのサポーターに見守られて最終調整し、記者会見に臨んだ大槻監督は「大きな責任を背負って戦いたい」と大一番へ抱負を語った。

 敵地での第1戦は終始主導権を握られて0―1で屈した。逆転へ向けてゴールが期待されるエースFWの興梠は「全力でハードワークして戦いたい」と闘志を燃やした。

 2戦合計の勝者は12月11日にカタールで開幕するクラブワールドカップ(W杯)に出場する。