橋本聖子五輪相は23日、札幌市内で行われたイベントで講演し、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転について「しっかり成功させることで30年冬季五輪が近づいてくる」と述べ、市が目指す30年大会招致にプラスに働くとの認識を示した。

 北海道や札幌市などが同日立ち上げた、30年大会招致やスポーツを通じた地域活性に取り組む「北海道スポーツ応援ネットワーク」の設立イベントでの発言。

 また、橋本五輪相は講演後に秋元克広市長や鈴木直道知事と対談し、「メモリアルマラソンができ、世界中からランナーが集まる」と五輪移転の意義を強調した。