明治政府が造った「五大監獄」で唯一全体が現存する国の重要文化財、旧奈良監獄(奈良市)で23日、今年10月末に改修工事が終了した北倉庫を一時的に活用した監獄史料館がお披露目された。24日まで。

 史料館では、現在の刑務所長に当たる典獄が身に着けていたものや明治時代から現在に至る矯正の歴史に関するパネル、刑務所の模型など約60点を展示している。

 旧奈良監獄は1946年から2017年3月まで奈良少年刑務所として使用されてきたが、老朽化のため閉鎖された。22年にホテルや史料館を含んだ複合施設としてオープンを目指す。